驚愕の風俗体験

一番足を運ぶ理由

とあるヘルス店が自分の風俗のホームグラウンドといって良いでしょう。他にもいろいろと選択肢があることくらいは自分でも分かっていますけど、それよりも単純にそのヘルスに一番お世話になっているのは、近いからなんです(笑)自宅から一番近いんですよ。と言っても自宅と同じ駅ではないんですけど、自宅と会社の間にある乗換駅にあるんです。だから、毎日そこを通るし、そこで一度は電車を降りるんですよ。快速から普通にとかじゃなくて、鉄道会社そのものが変わるので必ず一度電車から降りないといけないんです。だからそこでついでに風俗を楽しむことが出来るんですよね。むしろそれがとっても楽じゃないですか。だって普通だったら風俗のためにどこかまで行かないといけないケースもあると思うんですけど、自分の場合は会社帰りでもお世話になることが出来るんです。とても気軽に遊べるからこそ、そこばかりのお世話になっているんじゃないかなって思います。

上手なのは間違いないですね、彼女

パイパン風俗嬢ってことで面白そうだと指名したんですけど、彼女はパイパンってことを抜きにしてもテクニシャンだったので、かなり楽しめましたし、やっぱりパイパンってちょっとした衝撃ですよね。だって普通に考えたらそこにあるものがないんです。新鮮なのはもちろんですけど、その部分を見ていると不思議な気持ちになっていくんですよ(笑)風俗嬢だけじゃなく、今の時代はアンダーヘアを処理している女の子の方が多いって言われていますけど、さすがにパイパンは破壊力がありましたね。あのパイパンを思い出すと、それだけで自分もいろいろな気持ちになります。その上でのテクニシャンってことで、こちらの興奮は相当なものでした。あれだけ興奮させられるとは自分でも思っていなかったんですよ。パイパンを見れれば後はオーソドックスなプレイで十分かなって思っていたんですけど、彼女のテクニックのおかげでパイパンだったことが吹っ飛ぶくらい楽しめましたから。