驚愕の風俗体験

いろんなチャレンジが出来るのも風俗

風俗は自分で勝手に「こうしなきゃ」と決めるものではなくて、自分なりにいろいろなことを楽しめるものなんじゃないかなって思っています。だからあまり深く考えるのではなくて、自分なりに可能性を広げるというか、好奇心を持って楽しんでみるのが良いんじゃないですかね(笑)自分もそうやっていろいろと楽しんできたんです。昔は会社の近くにある風俗店だけしか使っていませんでしたけど、今ではポータルサイトをチェックして良さそうな女の子を物色するようになりました。どんな時間になるのかを自分なりに想像することによって、自分の興奮にも影響が出るじゃないですか。そして、空想を楽しんだ上で、じゃあその後どうするのか。そういった点まで考えられるようになったのも、これまでいろいろなことを楽しんできたからこそなんじゃないかなって思いますけどね。だから風俗では自分なりにいろいろと可能性を広げるべく、型にはまらずに楽しみたいなって思っています。

昔はむしろ嫌いなくらいでした

今思えば自分もピュアだったんでしょうね。風俗が嫌いだったんです。「興味がない」ではなく、明確に「嫌い」だったんですよ。その理由は単純で、そういったことは恋人とだけするものであって、わざわざお金を払ってまで楽しむものではない。そんなイメージだったんですよ。本当に今思えば初々しいというかピュアというか(苦笑)そんな自分が今では風俗大好きになってしまうんです。世の中って本当に分からないものだなって思いますよね(笑)きっかけは失恋ですかね。失恋した時、無性に「女」という存在そのものが恋しくなったんですよ。話をしたいとか一緒の空間に居たいとかじゃなく、欲求不満と言う意味で寂しくなったんですよね。それで風俗まで行ったんです。そこから徐々に行く回数が増えていって、自分なりにいろいろな興味が湧いてくるようになっていったんです。今では風俗はサービスなんだから、恋人がいる時にお世話になるのも別におかしくないとさえ思いますしね。