驚愕の風俗体験

風俗での好み。それが見えてきた

風俗での好みと、日常生活の中での好みの女の子。これは必ずしもイコールではないってことが分かってきましたね。それまで自分はどちらもあまり変わらないというか、そもそもそんな意識をすることもなかったんですよね。好きなタイプの風俗嬢を探して指名して。それが当たり前だったんですけど、何となく気になっていたギャルっぽい派手な女の子を指名してみたんです。落ち着いた大人の女性が好みだと思っていた自分にとって、ある意味対極にある存在だったんですけど、これがとっても楽しかったんですよ(笑)遊びに特化するというか、そもそも風俗って別にそこから恋人付き合いしようとか、お付き合いを前提にとかって話ではないですよね。あくまでも遊ぶ時間。そう思ったら、好みのタイプにこだわるのではなくて、遊びたい女の子と遊ぶのが良いのかなって思ったんです。その気持ちが見事に的中したんです。だからギャル系風俗嬢との時間が楽しすぎましたね。

カギを握るのは自分の行動

風俗で楽しさを得るためのカギ。それは相手の風俗嬢の存在も大きいですけど、それ以上に自分自身にあるんじゃないかなって最近思うようになってきたんですよね。女の子と向き合った時、女の子をどういった気持ちにさせるのか。それは内心という点もありますけど、表面上でも良いんです。女の子が「頑張ろう」と思える相手になるか、それとも「この人のために頑張るのも癪だな」と思われる相手になるのか。それによってプレイもまた、全然違ってくると思うんですよ。特に最近の女の子はドライですしね(笑)自分にとって特にならない相手だって思ったら、あれこれしないんです。だから決して物凄く気を使っているって訳ではないですけど、ある程度のお世辞は言うようになりましたね。少しお世辞を言うだけで女の子ががっつり頑張ってくれるのであれば、お世辞なんて安いものなんじゃないかなって思いますしね(笑)たったそれだけで女の子が全然違うのであれば、それはやっぱり言うべきですよ。