驚愕の風俗体験

優しい嘘だと分かっていても嬉しいもの

風俗嬢の「優しい嘘」は嬉しいものです。こっちだってそれなりに人生経験があるんです。もっと言えば、若い風俗状よりは明らかに自分の方が人生経験があるので、相手のそういった嘘くらいは見抜けるじゃないですか。嘘というか配慮というか。でも、風俗というシチュエーションではそれが嬉しいですよね。日常生活で言われたら嫌味を言われているんじゃないかって思っちゃうじゃないですか(苦笑)会社の同僚とか後輩の女の子に褒められても、かえって警戒心しか湧かないですよね(笑)この子は仕事を押し付けようとしているんだな、みたいな(笑)でも風俗嬢の場合、別に打算があるとかではないですしね。お客への配慮の一つだと思ったら、それが嘘でも嬉しいものです。特にレベルの高い子だと、嘘も上手ですしね。きっとこちらと話したり接したりする中で、何を言われると喜ぶのかってことを察知出来るんでしょうね。だからどんな誉め言葉があるのかもまた、風俗嬢の実力ですね(笑)

しんどい時こそ行きたくなるもの

生活の中心は言うまでもなくお仕事ですけど、仕事がしんどい時もあるじゃないですか。精神的に辛いなって時もあれば、時間的に辛い時もあるなど「仕事の辛さ」もまた、人それぞれ異なるものだと思うんですけど、そんな時には気分転換も大切だなってことで、風俗のお世話になることも多いです。時間的に辛いって時であっても、案外楽しめるものなんですよね。デリヘルであれば、風俗店まで行くよりも時間的に節約できますし。だから時間を言い訳にすることなく、案外いろいろと楽しめるってことに気付かされたんですよね。それに、風俗っていろんなジャンルがあるので、ピンサロのように気軽に遊べるものもあります。さすがに長時間のコースともなれば時間がかかるので工夫云々ではなく、根本的に難しいケースもあるんですけど、そうじゃないケースも多いので、自分なりに計算して、どうすべきなのかを計算していますし、それによってしんどい時の息抜きにもなるんですよ。